沿革

三栄たまごグループ 沿革

1891年(明治24年)
市川伊八が米穀店を創業。
1916年(大正 5年)
市川八左衞門が 引き継ぎ、飼料・肥料商である、市川飼料店を始める。
1962年(昭和37年)
市川三衞が飼料部門を継承するとともに鶏卵事業開始。
1970年(昭和45年)
自社ブランド卵「満月」発売。
1976年(昭和51年)
事業拡大により本社工場から日名工場(G.Pセンター)に移転。20,000ライン導入。
1980年(昭和55年)
事業の拡大により組織変更を行う 飼料・肥料部門を市川飼料株式会社、鶏卵部門を三栄鶏卵株式会社として設立。
1986年(昭和61年)
三栄鶏卵株式会社G.Pセンターに25,000ライン導入。
1988年(平成元年)
加工事業部を発足し、卵加工品の販売を開始
1994年(平成 6年)
三栄鶏卵株式会社G.Pセンターに30,000ライン導入。
2003年(平成15年)
市川飼料株式会社の肥料部門を独立させ、イチカワ商事株式会社を設立。
三栄鶏卵株式会社G.Pセンターに自動ヒビ卵検出装置導入。
2005年(平成17年)
三栄鶏卵株式会社G.Pセンターを全面改装し、衛生管理体制を強化。
2006年(平成18年)
地産地消をコンセプトに 「岡崎たまご」発売。
2007年(平成19年)
サムライ日本プロジェクト「三河国サムロックたまご」発売。
2008年(平成20年)
三栄鶏卵株式会社G.Pセンターに 汚卵検出装置・血玉検出装置を導入。
採卵養鶏場 「三栄鶏卵株式会社 渥美農場」 運営開始。
2009年(平成21年)
タマゴ屋さんが毎朝食べたいタマゴ ・三河濃厚卵「満月」誕生【 三栄鶏卵(株)渥美農場限定生産 】。
2010年(平成22年)
岡崎ビジネス大賞地域活性化奨励賞受賞 /岡崎商工会議所【地域コラボの新たな価値の創造 】。
2012年(平成24年)
シンガポールAVAより採卵鶏農場の認定取得・ 同国へ「まんげつ濃厚卵」輸出販売開始。
愛知県より経営革新計画の承認を受ける 承認テーマ:「新設備導入並びに施設増設による生産性向上と品質管理の更なる強化」。
2013年(平成25年)
三栄鶏卵株式会社G.Pセンターを全面改装 40,000ライン導入。
2014年(平成26年)
採卵養鶏場「三栄鶏卵 渥美第2農場」運営開始。
2015年(平成27年)
海外向け「三栄たまご SAN-Ei Premium Egg」販売開始。
2016年(平成28年)
三栄豊橋たまご株式会社、三栄北部たまご株式会社がグループ加入。
2017年(平成29年)
採卵養鶏場「三栄鶏卵 第3農場」運営開始。