安全への取り組み

安全への取り組み

HACCP手法に基づき、徹底した品質管理プログラムを実施

最新設備を備えたG.Pセンター(Grading & Packing Center)の役割は、たまごの安心・安全を管理することです。
HACCP手法に基づき、独自の品質管理プログラムを導入。養鶏場から原料卵の受入・洗卵・選別・包装・保管に至るまで、各工程で管理基準を設定することで、安全な品質保証づくりに取り組んでいます。皆様に安心・安全なたまごを届けることをお約束します。

G.Pセンター紹介

独自の品質管理プログラムで、安心・安全なたまごをお届けします。

01.原料保管庫
常に一定の温度管理をしています
02.原料卵投入
オートローダーでライン投入
03.洗卵
特殊ブラシで卵殻表面の汚れを除去
04.目視検査
目視でキズ・汚れのある卵を除去
05.乾燥
3台の強力プロペラファンで完全乾燥
06.中検卵
再度、目視でキズ・汚れを確認
07.汚卵検査装置
高性能CCDカメラで画像処理検出
08.ヒビ卵検査装置
ハンマー打診、音感センサー検出
09.紫外線殺菌装置
卵殻表面を均一に殺菌
10.計量
エッグトランスファーが一つ一つを計量
11.異常卵検査装置
ヘモグロビンに反応した光の波長解析
12.パック詰め
常時2種類のパックを充填
13.パック実卵抜け検出器
パック内の実欄が抜けていないか検出
14.インクジェット
卵殻表面に食用インキで高速印字
15.シーラー
超音波によりパックを溶着
16.検卵・梱包
目視により最終検品し、梱包
17.製品保管
 
18.出荷